2014年3月 8日

蒸気機関車がいっぱい

天気もいいので、東京都青梅市にある青梅鉄道公園に行ってきた。
 
駅で休日お出かけパスも買って、いざ出発。

武蔵野線、中央線、青梅線と乗り継いで山道歩いて何とか到着。
 
 
110_1.JPG 110_3.JPG 110_2.JPG
こちらは110形蒸気機関車。
製造年 明治4年...。鉄道開業時の機関車...。すげぇや...。
(*゚ρ゚)
つーか、蒸気機関車の内部構造をわかりやすくするためにカットモデルに...。
鉄道記念物指定にされているのに...。いいのかしら?...。
(´・ω・)?
 
 
2221_1.JPG 2221_2.JPG
5540_1.JPG 5540_2.JPG
2120形蒸気機関車と5500形蒸気機関車。
こちらも年代物。明治30年代に作られた機関車...。
2120形はタンク式で5500形はテンダー(炭水車)がついてる...。
 
 
8620_1.JPG 8620_2.JPG
こちらは8620形蒸気機関車。
これもまた年代物で大正時代に作られた機関車。
しかも製造初号機...。よぅ残っていたなぁ...。(´・ω・)
 
 
9608_1.JPG 9608_2.JPG
こちらは9600形蒸気機関車。
これも大正時代に作られて、四国を除いて日本各地で活躍した機関車。
というか...。さいたま市中央区役所のところにもあった記憶が...。この機関車...。
(´・ω・)?
 
 
c111_1.JPG c111_2.JPG
C11形蒸気機関車。
昭和初期に作られた近距離用の蒸気機関車。
ローカル線や貨物入れ換えでがんばっていた機関車。
 
 
e102_1.JPG e102_2.JPG
E10形蒸気機関車。
戦後に作られた機関車。珍しいことに中間の動輪にフランジがついてない。
何でもカーブを曲がりやすくするために、フランジをなくしたとか...。
ただ、戦後に作られたため電化が進み活躍の場が少なかったとか...。
ちょいと(´・ω・)カワイソス...。
 
 
d51_452_1.JPG d51_452_3.JPG
SLでおなじみD51形蒸気機関車。通称デゴイチ。
さすがに大きいのぅ。蒸気機関車の代名詞だけあって、ほかの機関車とはまた違った風格が...。
 
d51_452_2.JPG
運転台はこんな感じに...。
バルブがいっぱい。運転手も大変だろうけど、石炭をくべる人はもっと大変だ。
石炭くべつつ、水管理して、蒸気圧を保って...休む暇なそうだ...。
(´・ω・)
 
 
ed16_1_1.JPG
こんどは電気機関車。
ED16形電気機関車。
これも昭和初期につくられた電気機関車。
ローカル線で活躍したそうな。
 
 
kumoha40_1.JPG kumoha40_2.JPG
クモハ40形電車。
昭和初期に作られて、あたしが生まれた頃までがんばっていた車両。
お疲れ様です。
(´・ω・)
 
 
shinkansen1.JPG shinkansen5.JPG
言わずと知れた、0形新幹線。
説明は...しなくてもいいよね...。
shinkansen2.JPG shinkansen4.JPG shinkansen3.JPG
ちなみに、運転席はこういう風に...。
...。ブレーキハンドルが...。
(写真に写っている腕は、どこぞかのちびっ子の腕)
 
 
天気もよくて、のんびりと機関車を眺めて
ひさびさによき休日を過ごせたかなぁ。
(´・ω・)
 
 
 
 
 
おまけ その1
ume blossom.JPG
梅が綺麗に咲いてた。
だいぶ春が近づいてきたのね...。
梅は咲いたが、桜はまだかいな...っと。
 
 
 
おまけ その2
panda.JPG
ペーペポ、ペーペペポー♪
(通りゃんせのメロディで。) 



 

Comment on "蒸気機関車がいっぱい"

"蒸気機関車がいっぱい"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •